小沢健二「スタイルをマネされるのが怖かった。自分の持っているものを消費されて、次いこうみたいな