韓国外交部がいつでもGSOMIA終了できるとするも、大統領府は破棄論一歩後退