紀州のドン・ファン”変死、覚醒剤の注射痕なし